バッジテスト結果 2013.5.5

Hakuba47Snowboard-School
「JSBAバッジテスト」合格者・結果発表、5月5日

開催回 第8回 朝一検定
開催日 2013年5月5日(日)
検定バーン ルート5
コンディション 天候:晴れ/雪質:圧雪・湿雪  
検定員 金井明伸・細川真吾
受験者・合格者
(順不同)
クラス
受験者数
合格者数
合格者名
1級
5人
2人
 宮崎則一様、梨木一憲様   
2級
0人
0人
 
3級

0人

0人
 
4級
0人
0人
 
5級
0人
0人
 
検定員からの
コメント

     

 

3月の高温のために、GWまで滑走できるか心配でしたが、今シーズンもGW最終日まで滑走可能となり、最後の検定会も無事終了できました。

受検生の方の大半はシーズン中、当スクールに通って頂き熱心にトレーニングされている方です。地味ではありますが、少しずつ滑りが変化し、進化しているのがジャッジをしていてすごく実感しました。とっても嬉しい事です。

しかし、検定会なので一発勝負となり、3種目全てで、自身の良いイメージのパフォーマンスを発揮することができない場合もちらほら見られました。

頭で考えすぎなのでしょうか?緊張しすぎなのでしょうか?ボードを曲げようと思う意識が過剰過ぎるのか?

ご自身の力で解決しないで、他人任せに致しましょう。内力主体でなく、遠心力・重力などの外力を上手く利用してください。ご自身のボードのエッジや、たわみを上手く利用してください。そうすると、力まかせでなくても、スムーズで流れのあるカービングターンができちゃいます。

今シーズンの検定会は全て終了しました。次季は、合格された方はさらに上の級を目指してください。1級を取得された方、インストラクターを目指して下さい。不合格の方もスノーボードを楽しみながら、来季も挑戦してください。

Hakuba47スノーボードスクールはそんなスノーボードに情熱を注いでいる方の強い味方となりますので。

今シーズンはありがとうございました。

                                                       Hakuba47スノーボードスクール 校長 金井明伸

 

 

 

バッジテスト結果 2013.4.29

Hakuba47Snowboard-School
「JSBAバッジテスト」合格者・結果発表、4月29日

開催回 第7回 朝一検定
開催日 2013年4月29日(月・祝)
検定バーン ルート5
コンディション 天候:晴れ/雪質:圧雪・湿雪  
検定員 細川真吾・金井明伸
受験者・合格者
(順不同)
クラス
受験者数
合格者数
合格者名
1級
7人
2人
 武藤朋美様、梨木心礼様   
2級
2人
1人
 森 恵美様
3級

0人

0人
 
4級
0人
0人
 
5級
0人
0人
 
検定員からの
コメント

     

 

今回の検定会場は今シーズン初めて,ルート5での開催となりました。 朝は冷え込み、カービングのしやすい締まったバーンコンディションでした。

バッジテストは一発勝負なので緊張して力が入る気持ちも分かりますがリラックスして 雪面への抵抗をなるべく減らして滑る方がバランスもとりやすくスピードにも乗りやすいと思います。

急斜面では重力が強く働くので、ターンのラインが谷方向に落とされないように意識しますが、ルート5は比較的緩斜面。減速しないようにターン弧を伴いながらターンをつないでいち早くフィニッシュエリア(谷方向)に落下することが重要なのでは?

バッジテストでは、ルールや着眼点をクリアすることで合格点が出ますが そこばかりを意識しすぎると上体の動きが先行して、ボードが上手く動いてくれません。 特にロングターンはそれが出やすく、4ターンでゴールすることや上下動を見せることを意識しすぎて 板がズレてしまったり、切り替えが、急で雑になったりして減速しているのが見られました。 板をどう動かすかを考えて、その為に上体が必要な運動をするように心がけましょう。

本日、小学3年生の女の子が見事に1級に合格しました。合格者3名すべて女性です。男性の方、筋力任せでボードをコントロールしようとしていませんか?板と雪が喧嘩をするようでしたらいい滑りはできません。道具と雪には優しく接してあげてください。「LOVE SNOW ECO 47」ですね。

47では5月5日にもバッジテストを開催しますので、シーズン最後にコンディションの良い 朝一検定で受検し、良い締めくくりにしましょう。

 

バッジテスト結果 2013.4.14

Hakuba47Snowboard-School
「JSBAバッジテスト」合格者・結果発表、4月14日

開催回 第6回 朝一検定
開催日 2013年4月14日(日)
検定バーン ルート1上部
コンディション 天候:晴れ/雪質:湿雪  
検定員 細川真吾・金井明伸
受験者・合格者
(順不同)
クラス
受験者数
合格者数
合格者名
1級
10人
2人
 佐藤昂介様、池田裕志様   
2級
4人
1人
 日暮快様
3級

0人

0人
 
4級
0人
0人
 
5級
0人
0人
 
検定員からの
コメント

     

 

今回の検定会は、R-1上部での開催となりました。 完全セパレートではないので、一般のお客様も滑走する中での検定会となります。 バーン状況は朝一でも、時間が経つにつれて春のザクザク雪に変わってきます。

ザク雪でボードをカーブさせにくい状況だったとは思いますが、ボードを操作する為に 上体の動きを使い無理矢理コントロールしようとするのではなく、ボードにより近い足元を意識して 操作すると、もっとボード操作が楽でスムーズにできたと思います。

バーンコンディションンが悪くなっていくと、トーサイドとヒールサイドの特性の差が大きく表れます。 トーサイドはズレをコントロールしにくく、関節を曲げた上下動が出しづらいのが特徴です。 ヒールサイドはキレを出しにくく、ズレやすいのが特徴です。 そんな中でも、左右均等なターン弧で滑走するためには運動を使い分けていく必要があります。 47の春シーズンはまだまだ長いので、残りの検定会に向けて頑張りましょう。

1 / 3 ページ