結果の発表は、開催後に随時公開予定です。

バッジテスト結果2014.5.5

Hakuba47Snowboard-School
「JSBAバッジテスト」合格者・結果発表

開催回 第8回 朝一検定
開催日 2014年5月5日(月)
検定バーン

ルート5

コンディション 天候:小雨/雪質:湿雪
検定員 金井明伸、中山結生
受験者・合格者
(順不同)
クラス
受験者数
合格者数
合格者名
1級
6人
3人
安藤俊さま、小谷麗美さま、天野芳将さま、
2級
3人
1人
 天野亨絵さま
3級

0人

0人
4級
0人
0人
5級
0人
0人
検定員からの
コメント

今シーズン最後のバッジテスト検定でした。

曇り空から小雨がちらついてきましたが、そのおかげでこの時期でも滑走性の高い雪質となりました。
GW中で一般のお客さまも多く滑走されている中での検定でしたが、スムーズな進行で開催することができました。

 

ショートターン種目で目立ったのですが、「ベイシックカーブ」を意識しすぎて、雪面に対して強くて急激な圧を加える滑りが多かったです。そうすると滑走性がなくなり、ブレーキング要素が強まります。
大切なことはカーブを伴いながらボードを滑走させることです。緩斜面でも力の入れ方次第では加速できるのです。

 

本日、結果が出なかった方でも、今シーズンの成長を感じて下さい。

 

合格された方はモチベーションを落とさずに、来季はインストラクターの資格取得やTECHテストなんかもございますので、よりレベルアップを目指し、スノーボードを満喫してください。

 

2014シーズン、長い間、ありがとうございました。

 

 

                  Hakuba47スノーボードスクール 校長 金井明伸

 

 

バッジテスト結果2014.4.27

Hakuba47Snowboard-School
「JSBAバッジテスト」合格者・結果発表

開催回 第7回 朝一検定
開催日 2014年4月27日(日)
検定バーン

ルート5

コンディション 天候:晴/雪質:湿雪
検定員 金井明伸、長尾勝洋
受験者・合格者
(順不同)
クラス
受験者数
合格者数
合格者名
1級
9人
7人
仲上可奈子さま、小松蒼衣さま、大久保将之さま、
生貝巧巳さま、吉田剛さま、村山史江さま、
遠藤俊さま
2級
4人
0人
3級

0人

0人
4級
0人
0人
5級
0人
0人
検定員からの
コメント

今シーズン7回目のバッジテスト検定でした。

昨日・今日と気温が上がり、雪質はかなり柔らかくなりました。
但し、朝一検定で、9時開始となりましたので、バーン状況は悪くはなかったです。

 

今回のコースはルート5.緩斜面、湿雪の攻略がカギとなります。
どの種目もカービングクオリティーが要求されます。
ターン弧の大小はあるのですが、スピードに乗ってカーブをしながらフィニッシュエリアに
安定して到着することが目的。

 

滑走中にスピードダウンする方は、何らかの雪面抵抗があるのだと思います。谷方向へ落下する事を妨げる力が働いてしまうのですね。
急斜面よりも緩斜面の方が難易度が上がるのでは、とも感じました。

 

本日は1級合格者がたくさん出ました。
今シーズン中のトレーニングの成果だと思います。おめでとうございます。

 

次回は最終回、5月4日の朝検定となります。

 

 

 

 

 

バッジテスト結果2014.3.31

Hakuba47Snowboard-School
「JSBAバッジテスト」合格者・結果発表

開催回 第6回 朝一検定
開催日 2014年3月31日(月)
検定バーン ルート4検定特設バーン
コンディション 天候:快晴/雪質:圧雪柔らかめ
検定員 金井明伸、長尾勝洋
受験者・合格者
(順不同)
クラス
受験者数
合格者数
合格者名
1級
5人
2人
林 重利さま、李 京卓さま
2級
2人
0人
3級

0人

0人
4級
0人
0人
5級
0人
0人
検定員からの
コメント

今シーズン6回目のバッジテスト検定でした。

今回からは「朝一検定」となります。春シーズンになりましたので、ゲレンデコンディションの良い時間帯に検定会を行いました。

 

昨日の大雨から一転、本日は快晴。ただ、気温が高く、雪がとっても柔らかめ。

エッジがずれにくいので一見、カービングがやりやすいと考える方も居られるでしょうが、足元が柔らかく足場を作るのが困難となります。

 

ポジションが安定していれば、問題ないのですが、リーン(ターン内側への傾き)とリーンアウト(外側へ傾き)のバランスが取れていないと、足元をすくわれて、バランスを崩すことが目立ちました。

 

それと、脚部の曲げ伸ばしにより、ボードへの荷重・抜重をするのですが、柔らかい雪に対して、板を強く踏みつけるパターンも目立ちました。板が雪に押し付けられて雪面抵抗が増してしまいます。板の滑走性が損なわれ、スピードが減速してしまい、遠心力がダウン。カービング性もダウンです。

 

ほんの少しの感触・感覚の違いで、ボード技術は変化します。雪質や斜面などによって、そのあんばいを微調整できるのがエキスパートの証。かな?

 

次回の検定会は4月27日(日)、朝一検定となります。

おそらく、ルート4は雪がなくなると思われます。検定バーンの候補地は、ルート5、ルート1上部、ルート1下部、ルート2など。どんなバーンでも実力発揮できるよう練習しておいて下さいね。 

 

 

1 / 3 ページ